So-net無料ブログ作成
検索選択

ウロボロス 漫画 ネタバレ 感想 4巻 [ネタバレ 4巻]

漫画 ウロボロス ネタバレ 4巻 感想について
第4巻(26話・27話・28話・29話・30話・31話・32話・33話)

u4.jpg

こちらは漫画「ウロボロス」第4巻のネタバレ感想になります。
楽しみにしている方などは、ご注意ください。

よろしくお願いします。
















漫画ウロボロス 第4巻 ネタバレ 感想
第4巻前半 26話「過」・27話「醜」・28話「結」



新宿クラブのママ・風花は全て過去を暴き、
その代償として龍崎イクオの隙をみて、

首もとに、2人の人間を殺したボツリヌス菌を
差し込んだ。




身体が硬直し、動けなくなったイクオに
風花は、

竜哉をなぜ狙ったのかをその過去を話し始めた。





ただ、どうしようもなく動けないままのイクオは、
人並みはずれた精神力で立ち上がろうとするが、


間もなく風花によってとどめをさされようとしたところ、

抜群のタイミングでイクオのバディ・美月が現れ、風花に
拳銃をつきつける。





しかしそれでも逃走しようとした風花を
差し止めたのは、

風花に本気で惚れかけていた
イクオと美月の上司・三島だった。




実は三島は
風花を整形して改名する前から
正体を気づいており、

追跡調査で逮捕するタイミングを見計らっていたのだ。




真犯人を捕まえたことにより竜哉は、無事に釈放されたが、


今回の事件で、
イクオと竜哉の専用とばし携帯
第1署の刑事に探られたことにより

より一層、二人の関係を
疑われることになった。



感想
美人は恐ろしい。
しかも整形してるから尚更。
ただ、触れられたくない自分の母親を
ネタにされて怒り心頭することも
わからなくもないが・・








第4巻後半
29話「装」・30話「潜」・31話「公」・32話「襲」・33話「獣」・34話「革」




イクオと日比野は、
暴力団の組員を尾行していた。




バスに乗った組員を尾行し、
そのまま乗車すると、

思いも寄らぬ事態になった。




全く関係ない不審なオーラ出す
男が、女の子を盾にして

バスジャックを始めた。




それに切れた
ヤクザは、

「ふざけんな、勝手に道を変えるんじゃね」
「そんなおもちゃの鉄砲で脅しても無駄だ!」
と言った矢先に、


その男は、
いとも簡単に、

ヤクザの腹をぶち抜いた。




悲鳴で怯える乗客、


そこに美月が堂々と警察官であることを
名乗り、

自分を代わりに
人質にするとうに犯人に交渉。




そして捕まった美月は、
隙を見て抵抗するが、




美月が撃たれてしまった。





幸いにも弾が腕をかすっただけで
命に別条はなかったが、


猛スピードで走り、
銃を突きつけられた運転手を見た
人間が通報し、

新宿第1署、第2署では、


SATまたはSITの要請を
出そうとしていた。



第5巻 ネタバレはコチラ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © ウロボロス 漫画 ネタバレ 感想 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。