So-net無料ブログ作成
検索選択

ウロボロス 漫画 ネタバレ 15巻 感想 [ネタバレ 15巻]

漫画「ウロボロス」15巻のネタバレ・感想
u15.jpg

15巻(21話、22話、23話、24話)
ネタバレになりますので
ご注意ください。
















◆ 15巻 ネタバレ 前半



美月の父親である
日比野國彦警視長に急遽、
監察官として自分のもとで働くように命ぜられたイクオと美月は、

言う通りに捜査1課から
監察官として日比野國彦なもとに
転任してきた。

そこに居合わせた、
鷲尾は、格下のイクオと美月と
同じにされたことに憤りを感じたのも束の間、

日比野警視長は
鷲尾の数々の汚職事案を
明るみに暴露し、
それどころでかくなった。


追い込まれた鷲尾は、
懲戒免職になるか、
依願退職にする代わりに
日比野が狙っている警視副総監の聖を検挙する手助けをすることに

迫られていた。


そこで突如現れた、
聖の行動は…


「鷲尾、麻薬取締り法違反の疑いで逮捕する」

「何言ってんだお前?知らんな」

鷲尾は、完全に警察官としての
存在を抹殺、闇に葬られた。

聖に裏切られた鷲尾は
捕らえながらもヤケになり、
「こいつに金を流した!」
「聖が悪い!」
と怒鳴るが、

犯罪者の言うことなど信じてはもらえなかった。


感想
ーーーーー
???
なにこれ…汗
私には聖副総監と、日比野警視長が
グルに見えたんだけど?
ーーーーー




竜哉は、
我孫子会の定例会で、
傘下の組にシノギを抜かれたことを
知った。

その名はト部一族。

我孫子会の中ではあまり表立っていない小さな組ではあったが、

カジノを治外法権である
海上で行い、荒稼ぎをしていた。

若くして入れの直参入りした段野組
組長、竜哉には敵が少なくない。

ト部一族もまた同様で、
竜哉の寝首をかこうと
一族の新鋭・天羽兄弟が狙っていた。


天羽兄弟は見かけは、
子どものようなペーペーだが、


特に兄貴の弟愛からくる殺戮は
凄まじかった。



◆ 15巻 ネタバレ 後半


監察官として日比野警視長のもとで
働く、イクオと美月は、



聖派閥の「聖隊」の
違反検挙の証拠をとるために

歌舞伎町の暴力団事務所の
一斉検挙の瞬間をとらえていた。



検挙の瞬間、

二人が見た者は、
暴力団の横暴ではなく、


警察・聖隊の警察官としては
あり得ないほどの暴行だった。


「お、お前ら警察だろ!ここまですんのかよ!」

と叫びながらヤクザが袋たたきにされる
シーンを見たイクオと美月は驚愕した。


な、なんだこれは・・・



聖隊のやり方は汚いというよりも
どちらが悪人なのかわからないほどの
横行だった。


そして狙われた組長を
何度も殴り、拳銃を突く着けていたのは・・


なんと、
新宿第2署の蝶野刑事だった。


驚きを隠せないイクオ。


そこにはかつての
正義感あふれるオーラは
消え失せ、

ひたすら殴り蹴るの連続。


聖警視副総監に認められた
蝶野刑事は完全に別人のようであった。



今回の証拠撮りに失敗した
イクオと美月は


日比野から次なる案件を
提示された。


ト部一族の最大のしのぎである
豪華客船クルーズでの裏カジノを

不法検挙しようとする聖隊の
証拠撮りだった。



その現場に
今度は一人で潜入させようとした
日比野警視長、

危険な任務に美月は猛反対し、
イクオ自身も戸惑ったか、


「金時計の男かもしれない聖副総監に
 接近できるチャンスだ」


イクオは乗り込む事を決心した。

それも招待されていた社長令嬢として
女装して・・・。



海上を豪華に進むクルーズ号は、
無法地帯でもあった。


豪客船に乗った
ゲストにはなぜか竜哉の姿もあった。

そして横には我孫子桐乃の姿。


ト部一族の主催するパーティーのため
会長の妻・桐乃が招待されたわけである。



だが、竜哉と桐乃はそのまま
ト部一族の天羽兄弟に殺されようとしていた。



だが、
そこに聖隊が踏み込んだ!

「お前ら全員動くな!!」


組員
「な、なんで刑事(デコスケ)が!?汗」


不意をつかれて
殺されそうになった
我孫子桐乃を危機一髪助けたのは


イクオだった。

イクオがとっさに投げつけた
フォークが天羽兄弟に刺さった。


竜哉と、桐乃は
難を逃れる為にデッキまで逃走。



そこで、桐乃は、竜哉が自分の部屋を
探っていたことを言及され
銃を突きつけられた。


またイクオの存在まで気づいていた桐乃を
タダモノではないと悟る竜哉。



追い込まれた竜哉は一か八か、

本当のことを桐乃に話してみた。


「あいつは俺の相棒」

「一心同体だ」・・・


すると桐乃は


「この横顔がたまんない♡」と
竜哉の耳を愛撫。




色欲熟女であることは
変わりなかった。

「あんたは信じれる」

「あんた必死になって私を守りな!」

竜哉は桐乃に認められ、
桐乃を守る為に

天羽兄弟との死闘に向かった。



16巻へつづく

漫画「ウロボロス」16巻は
コチラ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Copyright © ウロボロス 漫画 ネタバレ 感想 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。